パンサーにも解散危機もあり、結成できたのは偶然のなせる技だった。


20210630-00287970-lmaga-000-1-view.jpg


引用先 https://news.yahoo.co.jp/articles/a8ad04d56f4ee2910114e97e14bf74e30fedf152


お笑いトリオのパンサーですが、

今も日テレで放送されている
有吉の壁にも出ていますが、

3人ともにそれぞれが別の
ユニットとして活動していた
というのですが、

それが解散したということを
きっかけにいつの間にか3人で
トリオを組んだというのですが、

こうしたお笑いの世界については
本当に相方との息が合うかどうか
というのが重要なだけにそれが
できなければコンビを解散する
ということはよくありますから、

まさにそれを地で行くような経験を
してきたというのですが、

パンサーについては今もトリオ
仲が悪いのではとも指摘されている
その理由は3人がそれぞれ別の
トリオなどが解散したことで
今のトリオになったということで
ありますが、

それゆえでしょうかパンサーにも
解散の危機もあれば、

結成に至った理由などもあるという
のですが、

それらがどんなことだったのかという
ことについて探ってみました。



パンサーの解散危機の原因は互いに息が合わなかったこと。

お笑いトリオのパンサー
ですが、

トリオとして活動をするのは
いいのですが、

解散の危機もこれまでにあった
というのですが、

どういうことかというと
3人ともこれまでに組んでいた
コンビやトリオが解散する
という
ようなことがあっただけに、

同じトリオのメンバーであっても
息が合わない
というようなことも
あったといわれているというのですが、

この辺については自分はお笑いの
世界でよくあるケースではと思いましたが、

逆に言えばそうしたところを乗り越えれるか
どうかで、

お笑い芸人としてのこれからが決まってくる
というのですが、

それゆえでしょうか今でもパンサーについては
不仲説も出てくるというのですから、

もしかしたらこれから先、本当に
パンサー自体が解散消滅という
ようなこともあり得るのではと
自分でもそのようなことが起きても
おかしくないのではと思いますが、

お笑いの世界は本当に先が読めない
世界だけにもしかしたらという
こともあり得るということでは
ないでしょうか。



パンサーが結成できたのは偶然が重なった末だった。

それとパンサーですが結成できた
そもそものきっかけは本当に偶然だった

というのですが、

その辺についてはパンサーの向井慧さん
が、

ニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」
にゲストで出演
したときに話していましたが、

元々3人とも本当に違うコンビなどで活動
していてそれが解散したということでありました。

それでパンサーが結成できた
そもそもの理由はというと、

菅良太郎さんが向井慧さん
にコンビを組まないかと
誘われた
というのですが、

実は二人とも面識がなく
そんな中で菅良太郎さん
から向井慧さんに声がかかった
というのですから奇跡的な
ことが起きたということで
あります。

それともう一人のメンバーである
尾形貴弘さんも実は菅良太郎さん
とコンビ組みたいと伝えていた

というのですが、

尾形貴弘さんもコンビが解散した
後ですがピン芸人としても
活動していたというのですが、

それもうまくいかなかった
ということで地元の仙台まで
帰ろうと考えていたという
のですが、

この辺については自分でも
お笑いの世界がどれだけ
厳しいものかというのを
表しているのではと思いました。

そうしたこともあってたまたま
新宿で菅良太郎さんに偶然
あったことで、

今に至ったというのですが、

考えてみたらパンサーですが
結成できた理由は一つは
偶然であり、

もう一つは中心となった
菅良太郎さんのおかげでは
ないかと自分は思いましたが、

それゆえでしょうか。

今でも不仲とも言われている
というのですが、

その裏にはこうした裏話が
あったということでありました。


まとめ。

お笑いトリオのパンサーですが
トリオとしての解散寸前まで
いくようなこともあったという
のですが、

それを乗り切ることができた
というのですが、

その一方でトリオとして不仲では
とも指摘されていますが、

トリオが結成できたその裏には
偶然と思われることがいろいろと
重なっていたということがありました。