男性の更年期障害を緩和する漢方薬の種類と購入先はどこか?


010stockphoto_TP_V.jpg




更年期障害といえば、昔は女性がなるものだと
ばかり言われてきましたが、

実は以外にも男性も更年期障害になるという
のですが、

特に40代以上の男性については更年期障害になる
リスクが高いといわれていますが、

その一方で男性の更年期障害には女性にない
特徴もあるというのですが、

自分もそういう年代であるということで、

かねてから気になっていたのは女性の更年期障害
については漢方薬も効果があるといわれていますが、

じゃあ?男性の更年期障害についても症状別で
効果を発揮する漢方薬にはどんなものがあるのか?
などいろいろと気になることがありましたので、

その辺について一気に見ていきたいと思います。


男性の更年期障害にも漢方薬がなぜ効果があるのか?


漢方薬ですが、なぜ更年期障害に効果を発揮するのか
その理由ですが、

漢方薬といえば、自然由来の生薬が
その成分
であります。
ありますが、

この生薬に含まれている成分が
体質や体調を整えてくれる
というのですが、


更年期障害についても人それぞれ症状
異なりますから、

その人の症状に合わせて複数の生薬を
調合する
ことで、

更年期障害の症状を緩和してくれますし、
副作用も少ないという特徴もありますが、

この点については西洋医学にはない
東洋医学の特徴ではないでしょうか。



男性の更年期障害に効果を発揮する漢方薬の種類は?

漢方薬については男性の更年期障害にも
効果を発揮しますしが、

その前に男性の更年期障害では
どんな症状が出るかというと、



仕事に集中できないとか、

イライラする
というような
症状がありますが、

これらの症状については自分も
そうですし、

40代の男性の方であれば
誰しもが経験したということは
あるのではないでしょうか。

実はその症状が男性の更年期障害で
ありますが、

自分でもてっきり自分の力不足では
ないかとも思っていましたら、

違う原因であったというのには
驚きました。

それで男性の更年期障害に効果がある
漢方薬については、

先ほどのイライラするという症状には
柴胡加竜骨牡蛎湯 [サイコカリュウコツボレイトウ]

がイライラの症状を緩和してくれます。


じゃあ、それ以外の症状については
どんな漢方薬があるかというと、

下半身の症状といえば自分もそうですし
40代以上の男性の方でしたら、

残尿感などを感じたことはありませんか?

そうした症状に八味地黄丸 [ハチミジオウガン]
成分が効果があります。


それと以外にも八味地黄丸 [ハチミジオウガン]
については糖尿病や高血圧の症状にも効果が
あるというのですが、

漢方薬については自分も知らないことばかり
でありますが、

糖尿病や高血圧については生活習慣病と
指摘されているだけに、

それにも漢方薬が効果を発揮するのには
驚きました。


ストレスについては、

竜骨 [リュウコツ]に牡蛎 [ボレイ]


不安感を感じるという場合には、

桂枝加竜骨牡蛎湯 [ケイシカリュウコツボレイトウ]


心因的なうつについては
半夏厚朴湯

うつについては
現代社会の大きな問題点である
とも指摘されていますが、

漢方薬の成分で症状も緩和できる
というのですが、

これには自分もさらに驚きましたが、

漢方薬自体が体の体調を整えて
病気を治していくというところが
西洋医学にない東洋医学の特徴で
あります。

体力の衰え。

これも男性の更年期障害の特徴の
一つであり、

どんな漢方薬があるかというと

補中益気湯 [ホチュウエッキトウ] と

十全大補湯 [ジュウゼンタイホトウ]

でありますが、

前者については仕事などでの疲労に伴う
食欲不振、


後者については気力が低下している
場合に用いられるものでありますが、

男性の更年期障害についても症状に
よって漢方薬も異なるというのですが、

そこは体の体調を整えて、病気を改善していく
というのですから、

症状によっても使う漢方薬も異なるという
ことでありましたが、

自分でも漢方薬がこんなに奥が深いものか
というのもを今回初めて知りましたが、

高々漢方薬と思っていたら決して
バカにできないものであります。


男性の更年期障害に効果のある漢方薬はどこで購入できるのか?

漢方薬については男性の更年期障害にも
効果がありますが、

そうなりますとどこで手に入れたらいいのか
ということになりますが、

更年期障害に効果を発揮する漢方薬が
手に入る場所
としては、

・病院

・漢方薬局

・薬局、通販サイト

があります。

これらの違いはというと、


病院の場合。

病院で処方されたものについては
医師が患者一人一人の症状に合わせたものを
処方箋に発行してくれて、

指定の薬局
で受け取りますが、

この辺については風邪を引いて
病院で診てもらう際に出される
薬と同じでありますが、

医師が処方してくれる漢方薬については
健康保険の適用
になります。

・漢方薬局の場合。

漢方薬局については薬剤師の
方がその人の症状に合わせたものを
提案
してくれますが、


漢方薬局で漢方薬を購入した場合は
健康保険の適用外
になります。


・薬局、通販サイト

薬局や通販サイトで販売されている
市販の漢方薬については、

病院や漢方薬局で出されるものとは
薬の成分が少ないという点がありますが、

これは、一般の人でも手軽に漢方薬を
服用できるよう
にということで、

薬自体の成分が少なくなっていますが、

その辺については病院や漢方薬局で
出されるものと大きな違いでありますが、

漢方薬についても病院や漢方薬局で
処方されるものと一般の薬局などで
販売されているものについては
こうも違うものかというのを自分も今回、
知りましたが、

漢方薬一つとってみてもこれほどまでに
奥深いものかというのを知るばかりで、

自分でも本当に驚くばかりでありました。


まとめ。

漢方薬ですが男性の更年期障害にも
効果を発揮するだけでなく、

いろいろな種類のものもあり、

さらに病院などで処方されるものと
一般の市販薬とは大きく異なる
ことなどを今回自分も知りましたが、

漢方薬については男性の更年期障害の
症状も緩和してくれるというのですから、

決して侮れないものであるということを
今回知りました。