男性の更年期障害の治療方法の種類と症状でも異なる。


sayapon20160312020517_TP_V4.jpg


更年期障害については自分も女性の方がなるものだと
ばかり思っていたら、

男性にも更年期障害があり、最近男性の更年期障害
についても知られるようになってきたというのですが、

自分もそういう年代になり、これから先のことが
少し心配になってきましたが、

男性の方が更年期障害になった時ですが
どんな治療方法があるのかということが気になり、

その辺について調べてみました。


男性の更年期障害の主な症状は?

男性の更年期障害の症状については
女性の更年期障害と重複する部分

ありますが、

その一方で、男性だけの症状もあります。

じゃあ、男性の更年期障害の症状については
大きく分けて二つあり、身体症状と精神症状
二つになりますがどのような症状が
あるかということについては次のようになります。

・身体症状

  筋力低下
 
  勃起不全(ED)

  全身倦怠感

  多汗

 骨粗しょう症

 肥満

 頻尿
 
男性の更年期障害の症状で身体に出る
ものについてですが、

汗を大量に書いたり、頻尿などの症状
がありますが、

これらの症状ですが男性の更年期障害から来ているもので
ありますが、

女性でも同じような症状が出ていますが、

勃起不全いわゆるEDについては男性だけの症状でありますが、
   
更年期障害の症状については身体的な面で出てくる症状について
女性と変わらない部分があるということであります。
   

・精神症状

  イライラ

  無気力
 
   不眠

  性欲低下

  記憶力、集中力の低下

  疲れやすい

    うつ
    
それで男性の更年期障害で精神症状については
自分でも当てはまるものがありますが、

イライラであったり集中力の低下についてはそういう
年齢なのかなともふと思いましたが、

実は更年期障害の症状でもありましたし、
    
うつ病についても更年期障害が絡んでいた
というのですから、

意外な症状が絡んでいたというのには自分も驚きました。


男性の更年期障害の治療方法の種類は?

男性の更年期障害については治療方法が
二つありますが、

一つ目は、薬や漢方薬を服用するだけでなく
生活習慣の改善も含めて治療する方法。


二つ目は、男性ホルモン補充療法ですが
男性の更年期障害の主な原因は、

男性ホルモンの分泌の減少によって引き起こされるもので
その結果、体に様々な症状が出るということでありますが、

女性の場合でしたら女性ホルモンの分泌の減少が
女性の更年期障害の原因である
というのですから、

この辺は男性も女性も体内で作られるホルモンの減少が
更年期障害の原因
であるということになります。

それゆえ、男性、女性ともに更年期障害になると
似たような症状が起きるということであります。

では、男性の更年期障害の治療について具体的に
見ていきたいと思います。




男性の更年期障害の治療方法は症状別で異なる。

男性の方で更年期障害に悩んでいる方ですが、

治療を受ける前に男性の更年期検査を受けてから
治療に入るというのですが、

どんな検査を受けるのかというと次のようになります。

 ・肝機能

 ・腎機能

 ・脂質

 ・前立腺特異抗原

 ・テストステロン

 ・フリーテストステロン

 ・プロラクチン

これらの検査を受けてから、

男性の更年期障害の治療に入りますが、

症状によっても治療方法も異なるという
ことで、

症状が軽い場合、例えば疲れが抜けないなどの時

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などの
漢方薬の服用。


ちなみに補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
ですが疲れやだるさなどの症状に効果があります。

うつの場合だと、抗不安薬や抗うつ薬を用います。

勃起症状がある場合では、ED治療薬のPDE5阻害薬
治療しますが、

男性の更年期障害についても症状によって
治療方法も異なるというのですが、

自分も今回、男性の更年期障害についてどんな
治療方法があるのかということを調べていて
男性の更年期障害でも症状によっては治療方法も
異なるということを知りましたが、

じゃあ症状が重い場合はどんな治療になるかというと、
筋肉注射による男性ホルモンの補充治療
になりますが、

ただ、筋肉注射による男性ホルモンの補充治療ですが、
対象となる方も限られており、がんや前立腺肥大症がなく、
男性ホルモン値が低い方
に限られていますし、

それと筋肉注射による男性ホルモンの補充治療については
2週間から3週間に1回の通院もしなければならないという
ことと、

治療期間も長くなるということもありますが、
この辺についても個人差が出てしまうということで
あります。

あと、筋肉注射による男性ホルモンの補充治療
ですが副作用
もありますが、

どんな副作用があるかというと

 ・皮膚色調変化
 
 ・肝機能障害

 ・精巣萎縮

 ・精子減少
 
 ・脱毛多血症

がありますが、

ホルモンの補充治療については医師の方と相談した
上で進めていくというのが一番であるということになりますが、


筋肉注射によるホルモン補充治療については治療できる方も
限られなおかつ副作用もあるというのですが、

これにも自分も驚くばかりでありましたが、

その一方でホルモンの補充治療については効果もある
というのも事実であるだけに、

その半面で、場合によっては副作用も出るというのは
これは仕方がないことなのでしょうか。


まとめ。

男性の更年期障害ですが治療方法もありますが、

症状によっても治療方法も異なるということや
場合によっては副作用も出るというのですが、

そうした点も含めていろいろと医師と相談した
上で治療していくということではないかとも
自分も今回の件について調べていてそんなことを
ふと思いましたが、

男性の更年期障害については症状の状態で
治療方法も異なるということを今回知りました。